アクシデント時の年金

遺族がもらえる年金とは?

果たして遺族年金とはいったい何か?

このサイトでは、日本の遺族年金制度についてご紹介していきます。

■ 遺族年金のシーン ■
一家の大黒柱として働いている人が突然亡くなってしまうということは、残された家族にはとてもつらく悲しいことです。その上、保障が何もなければ、経済的にも厳しい現実が待っていることになります。そのようなときの公的な支えとして、遺族に支給され

るのが遺族年金です。遺族年金は、国民年金からは「遺族基礎年金」が、厚生年金からは「遺族厚生年金」がもらえることになっています。しかし、亡くなった人が、国民年金や厚生年金に入っていても、すべてのケースがもらえるわけではなく、一定の条

件が必要になります。また、その年金額も、亡くなった人が自営業か会社員かといった職業や、子供の数でかなり差が出てくるのです。まず、自営業者(第1号被保険者)に万一のことがあった場合は、国民年金のみに加入しているので遺族基礎年金

もらえる遺族は経済的な支えが必要な人

がもらえることになります。ただし、もらえる遺族というのが非常に限られていて、高校を卒業するまでの子供がいる妻か、高校卒業までの子供自身のみです。一方、会社員(第2号被保険者)に万一のことがあった場合は、同じ条件で遺族基礎年金がも

らえるのに加え、遺族厚生年金ももらえます。遺族厚生年金を受け取ることができる遺族は、生計維持関係にあった配偶者と子、父母、孫、祖父母(全員が受け取るのではなく、この順番で受け取る権利が発生する)です。夫、父母、祖父母について

は、亡くなった時点で、55歳以上でなければ受け取る権利はありません。

■ 年金がもらえない人々
逆に現役時代の時に、保険料を支払っていないがために、年を取ったときに年金がもらえないお年よりが増加しています。 そして、どうしても今すぐお金を借りたいのでしょう。 やはり公的な組織からお金を借りるしか方法がないようです。

更新

受給資格について

ランキング