T-シャツ

オリジナルTシャツを干すときのポイント

茶色のT-シャツ

オリジナルTシャツは、大切に扱えば、かなり長持ちさせることができます。そのためには、ダメージが少ない方法で洗濯することが大切です。特に、プリント部分へのダメージには注意しなければなりません。しかし、洗濯でいくら注意しても、その後の干し方が適切なものでなければ、劣化は早くなってしまいます。
オリジナルTシャツを干すときに最も注意しなければならないのは、やはりプリント部分です。これを直射日光にさらし続けた場合、干からびて劣化が進んでいきます。そのため、なるべく直射日光はさけて、日陰で干すのがおすすめです。日陰であっても、風通しのよい場所であれば、しっかり乾かすことができます。日光は、プリント部分以外にも、日焼けや色あせといったダメージを与えてしまうので、十分注意しましょう。
また、長持ちさせるためには、型崩れにも気をつけなければなりません。干すときにハンガーを使ってしまうと、跡がついたり伸びたりするので、次第に形が崩れてしまいます。そのため、ハンガーではなく、物干し竿に通すとよいでしょう。このときは、二つ折りにして干せば、伸びやすい首元を保護することができます。他にも、スペースがとれるならば、平干しにしても型崩れを防ぐ効果があります。

イチオシ

バンドのオリジナルTシャツは購入すべき

オリジナルTシャツとくれば、自分達で注文して作るのが大半となりますが、私もある人から購入したオリジナルTシャツが何着かあります。私が今持っているオリジナルTシャツの中で一番好んで着ているのは、職場の先輩が組んでいるバンドのオリジナルTシャツです。そのオリジナルTシャツはとにかく、インパクトが凄い。まずはTシャツカラーが原色オレンジ。遠くから見ても一発で分かります。また、オレンジなので仕事でYシャツの下に…

ピンクのT-シャツ